賭ケグルイ KAKEGURUI


KAKEGURUI

GAME RULES  ゲーム解説

「賭ケグルイ」ゲーム解説

Game Navigation

投票ジャンケン

1ゲームの当事者以外の、クラスメイトの30人にグー・チョキ・パーのいずれかをカードに記入してもらう。

2参加者全員が記入し終わったら、ゲームの当事者に見えないように一つの箱に入れていく。(投票)

3ゲームの当事者は、箱の中から3枚ずつカードを引き、自分の手札とする。

4手札の中から1枚だけ選び、ジャンケンをする。あいこの場合は、残りの2枚から選んで再度ジャンケン。3回ともあいこなら引き分け。

普通のジャンケンとちがって、手札による制限があり、グー・チョキ・パー全部を出せるとは限らない。自分の手札から類推するその不平等な読み合いが面白い。

ダブル神経衰弱

デッキを2つ使用する神経衰弱

普通の神経衰弱は数字が同じならあたりだが、ダブル神経衰弱はマークも同じでないと認められない。なお、JOKERは除く各マーク×13枚、合計104枚のカードの取得枚数で勝敗を決する。その為54枚(27組)を先に取った方が勝利。

総カード104枚の中にあたりはたった1組。
最大で103分の1の確率で当たりを引くか、既開のカードの位置を一枚一枚覚えるか、というシンプルだけれども難しいゲーム。

生か死か

ルーレットや丁半博打のように「出目」を予想するゲーム

1壺に剣の形を模した駒を10本入れ、盤に振る

2盤には1~30の番号を付した穴が空いていて、剣がどの穴に刺さるかを予想してチップを賭ける。剣が上向きに刺されば「生」で倍率30倍、下向きなら「死」で倍率(マイナス)30倍

3賭けるチップの枚数は毎回両者の合意で決定

4振り子が壺を振ってから10秒の間にチップを賭けたい目に置く
賭けたチップは「生」なら勝ち分とともに手元に残るが、「死」は相手にわたります。ただし、両者外れた場合、チップは手元に戻ります。

5どちらかのチップが0枚以下になったとき、その差額をもって決着金額とする。

二枚インディアンポーカー

「借金つけかえゲーム」のチップについて

チップを10枚配る。
このゲームはチップの枚数ではなく「合計金額」で勝敗を決する。
チップの価値はその人の申告額を10で割った数、つまり申告額(借金)が1億円なら1枚1千万円となる。ゲームは10ターン行い、ターンごとに参加費としてチップが1枚必要。 また1度に賭けられるチップは5枚まで。
(自分のチップが手元にない場合は、ほかのプレイヤーのチップで支払う)

チップが足りなくてもベット(賭ける)とレイズ(上乗せして賭ける)、コール(同じ金額を賭ける)することができる。

1ジョーカーと絵札を除いた40枚のトランプを使用

ディーラーが1枚配る⇒自分だけ確認(非公開カード)
2枚目⇒自分は見ずに頭に掲げる(他の人だけ確認:公開カード)

【勝敗の決め方】

  • 数字の一致:最強の役
  • マークの一致:普通の役
  • 全て不一致:ブタ
※同じ役の場合数字の合計数が高いほうが勝ち

2自分の頭の上のカードをみんなに質問してさぐります。

3コール(勝負をする)orフォールド(降りる)かを決め勝負する。

公開カードと非公開カードをもとに、賭ける(コール)か降りる(フォールド)か決断していく運と駆け引きのゲーム。
また、チップは同価値でなく、自分のチップがなくても他のプレイヤーのチップで賭けることができるので、賭けるチップによって順位が大きく変動する。

ESPゲーム

1プレイヤーとディーラーとで違う密室に分かれる。2つの部屋の様子はカメラとモニターを介して中継される。プレイヤー側からはディーラーの手元しか見えないが、ディーラー側からはプレイヤーの部屋全体を見ることができる。

2ディーラーとプレイヤーには5枚のESPカードが配布されている(マークは丸・四角・星・十字・波)。ディーラーがカードを好きな順に裏向き並べる。ディーラーの手元はモニターを通してみることができる。

3ディーラーが並び終えたらプレイヤーが裏向きに並べる。終わったら3人とも開示する。

ディーラーの並べ方に合致する枚数が多いほうが勝ち。枚数差がポイントになる。